活動レポート

第2回井戸端会議を開催

Code for Sagaでは、4月から、オープンデータ界隈のトピックを共有する場として、井戸端会議を開催しています。5月27日、その第2回目を開催、ゆる〜くおしゃべりしながらビールでも、という募集をかけた所、Facebookイベントで約20人の方に参加表明をいただきました。

参加していただいた方は、いつものコアメンバーに加え、佐賀大学の学生さん、地元テレビ局の方、佐賀一品堂という雑貨屋さんの代表、そしてご近所の久留米市から、Code for Kurumeのお二人などなど。

idobata01

ゆる〜く、のつもりが、Code for Kurumeのコンセプトについてご説明いただいたり、鹿児島の「おしかけデザインかごしま」のレポートがあったり、クリエイティブ・コモンズの話で盛り上がったりしているうちに、あつ〜いトークになり、あっという間に2時間半が過ぎました。

もちろん、Code for Sagaで今年度取り組ませていただくことになったアーバンデータチャレンジ2015の紹介など、自前の活動面の情報共有もしっかりできました。

会の終わりには、佐賀大学の堀先生から「ICT革命と地方自治」というタイトルで“講義”をしていただきました。

来月もまたやります!!
Code for Sagaって何?ちょっと興味ある、という方は、ぜひFacebookグループにご参加ください。

活動レポート

肥前名護屋城マッピングパーティを開催しました

3月8日(日)、佐賀県唐津市鎮西町の肥前名護屋城跡周辺で、マッピングパーティを開きました。当初は、このサイトでも告知した通り午後の開催予定でしたが、急きょ、漫画家の江川達也さんの参加が決まり、特別に午前の部を設け開催しました。

午前中は、26年度、佐賀県立名護屋城博物館が取組んだ、名護屋城跡に当時の様子をバーチャルに再現する「バーチャル名護屋城事業」の成果品であるアプリを覗きながら、江川さんと一緒に名護屋城を散策しました。石垣しか残っていない城跡をタブレット越しに覗くと、天守を始め当時の風景が映し出される様子に、参加者のみなさんも興奮気味でした。

16553075277_7a70b893d8_k

午後は、メーン事業のマッピングパーティ。まずは、メンターとして来ていただいた、オープン・ストリート・マップ・ファウンデーションジャパンの飯田哲さんに、オープン・ストリート・マップとマッピングパーティについてお話をいただいたあと、名護屋城博物館学芸員の松尾さんから、バーチャル名護屋城事業の概要説明、特別ゲストの江川達也さんから城跡めぐりや地図の魅力についてお話していただきました。

16574196609_5d57461317_k

16759279752_f6d2cc384d_k

その後、「本丸班」「山里丸班」「堀秀治班」「前田利家班」「徳川家康・城下町班」の5班に別れ、フィールドペーパーやタブレットを手に取材に出かけました。史跡中心にマッピングする班や、偶然みかけた神社の鳥居をマッピングする班、道路沿いの商業施設やバス停、案内ボードをマッピングする班など、それぞれの特長ある取材ができました。

16734455196_c14f4bf661_k

拠点となった、名護屋城博物館では、持ち寄った情報をオープン・ストリート・マップ上にマッピング。佐賀出身の偉大なマッパーが、事前に建物などをトレースしていただいていたこともあり、初めてのマッピングパーティにしてはスムーズに作業を進めることができました。

IMG_2039

成果は、以下の地図を御覧ください。上が名護屋城周辺のオープン・ストリート・マップ、下がGoogleマップ。名護屋城周辺はオープン・ストリート・マップのほうが断然充実しました。

何よりも、参加者が「自分で作れる地図、面白い!」とコメントしていたことが印象的でした。市民自らがオープンデータを創りだすことの可能性を大いに感じていただいたイベントになりました。


大きな地図を表示

16734452016_0806eeb12e_k

活動レポート

有田焼アイディアソンを開催しました

2月21日、インターナショナルオープンデータデイ2015に合わせ、有田焼アイディアソンを開催しました。午前の部では、有田の街歩き、岩尾磁器の工場見学などを行い、午後から、アクセンチュアの工藤さんによる基調講演、ライトニングトーク、アイディアソンを行いました。

参加者は、約50人。地元有田町、佐賀県内からの参加だけでなく、福岡からもご参加いただきました。

16431583238_828093a0ab_k

まずは、有田駅前に集合しコミュニティバスに乗って、上有田駅まで移動。六地蔵広場でのレクチャの後、役場の方にガイドしていただき、有田の伝統的な街並みと、岩尾磁器さんの工場を、オープン・ストリート・マップや町のパンフレット手に、見学しました。
15996591334_d75db106c5_k

午後の部は、インプットセミナーとして、アクセンチュアの工藤卓哉さんに「データを使って地域課題を解決する」と題し、オンラインで講演していただきました。続いては、今回のアイディアソン開催の立役者、Code for Sagaの活動にもご参加いただいている有田町役場の吉永繁史さんから、2016年に迎える有田焼創業400年に向けて、どうオープンデータを活用していくかというプレゼンテーションをいただきました。

その後、メンターとして東京から駆けつけていただいた、鈴木まなみさんに「位置情報と地図のおはなし」、有田出身でNHKハッカソンを企画された草場武彦さんに、NHKの取り組みをご紹介いただきました。

16431761550_7fce6908be_k

そして、いよいよアイディアソン。「有田焼とオープンデータで紡ぐエピソード」をテーマに、6グループに別れディスカッションを行いました。ハイライトで選ばれた4つのテーマと、2つの情熱枠は、ブラッシュアップを通じ、より具体的なサービスに近づきました。「ハッカソンやりましょう」との声もあがり、次に繋がるアイディアソンができたのではないかと思います。

16618132702_85010bebe7_k

16431759350_c12f038b53_k

終わりには、Code for Sagaのメンバーでもある、佐賀大学の堀良彰先生が、「100年後、200年後の未来のために、様々なデータを残そう」と講評し、アイディアソンを終了しました。

ご参加いただいたみなさん、有田町のみなさん、関わってくださった全てのみなさん、本当にありがとうございました。

Flickr:有田焼アイディアソンのアルバム
https://www.flickr.com/photos/126900252@N08/sets/72157650977289271/

アイディアソンの成果は、以下の通りです。

16411479427_03a12f9689_k

チーム名:古地来ー(こちらー) / タイトル:有田を古地図でブラリ!

古地図を利用しチェックポイントへ行った観光客にAR技術を駆使したコンテンツを提供。有田に詳しい利用者が古地図上の情報をネットから投稿し、現地で内容を更新する。また、利用者は古地図へのチェックイン情報をSNSで友人と共有できる。

 チーム名:伝建チーム / タイトル:伝統的建造物群のデータ化

オープンストリートマップを活用し、伝統的建造物群の情報を位置情報付きで発信。建物の入り口に掲示された二次元バーコードにスマートフォンをかざすと、その歴史や関連する建物の情報が提供される。建物から有田の時間軸が見られ、住民の地元への愛着にもつながる。

 チーム名:P / タイトル:駐車場から始まる街づくり

駐車場のリアルタイムな利用状況を観光客や地元住民に対して公開。店舗や企業の休業日に駐車場の開放を促し、それぞれのPRを行う。駐車券には位置情報などのログデータが蓄積でき、まちづくりを通して観光客や住民にフィードバックする。

チーム名:ARITAN QUEST / タイトル:ARITAN QUEST

大学生などの若者を対象に役場HP上でオープンストリートマップを活用したゲームコンテンツを提供し、町をPR。プレイヤーが主人公となり現地に行くと、敵のキャラクターと出会う。ゲームの進行と連動させ、特産品にちなんだサービスを現地で提供する。

 チーム名:ミサトの夢を叶え隊! / タイトル:有田焼の「Arita窯 Linked-In」

窯業に携わる職人、窯元、商社がスキルやニーズの情報を人材バンクで共有。人的資源を有効活用する。立場間の相互評価やエンドユーザーからの評価が情報に反映される。また、製品にトレーサビリティー機能を実装し、製造・販売過程に関わった人を可視化する。

 チーム名:team シムシティ / タイトル:“ARITA シムシティ”

住民や行政官に対して自治体運営の疑似体験ができるゲームを提供。ゲームとして楽しみながら客観的に町の姿を知れて、実際のまちづくりに関心を持ってもらう。他自治体にも展開し、お互いに比較しながらより良いまちづくりを目指す。

イベント, 活動レポート

名護屋城アイディアソン2014

9月6日(土)、名護屋城アイディアソン2014を開きました。主催は佐賀県立名護屋城博物館、今年度取り組まれているバーチャル名護屋城事業の一環で、バーチャルリアリティ映像やARアプリを作成する際に必要となる航空測量データをオープンデータ化、その利活用を市民レベルで考える機会として、Code for Sagaとして企画から運営までをお手伝いさせていただきました。 Continue Reading “名護屋城アイディアソン2014”

活動レポート

Brigade Meetup に参加しました

8月30日(土)、石川県金沢市で開かれたCode for Japan主催のイベント、Brigade Meetupに参加してきました。Code for Sagaからは、西田さんと私(牛島)の2人で参加、全国各地でオープンデータ利活用を模索するブリゲードのみなさんと情報交換してきました。

14913283818_4fb8a80438_z Continue Reading “Brigade Meetup に参加しました”

イベント, 活動レポート

5374(ゴミナシ)ワークショップを開催

8月11日、Code for Sagaでは、第一回ワークショップ「ごみカレンダーアプリを作ろう!」を開きました。ワークショップには、県内企業、自治体職員、大学の先生、大学生等、10名が参加、Code for Kanazawaが展開するごみカレンダーサービス「5374.jp」佐賀市版の制作を行いました。 Continue Reading “5374(ゴミナシ)ワークショップを開催”

活動レポート

第1回コアメンバーミーティング

5月2日(金)、Code for Sagaの第1回コアメンバーミーティングを開きました。メンバーは、佐賀大学の先生から、地元企業の方、県内クリエイター組織Crevoの代表、自治体の方まで11名。2月に開いたインターナショナルオープンデータデイの運営に関わってくださった方を中心にFacebookグループで様々な情報交換を行ってきたのですが、いよいよ具体的な活動開始に向けたキックオフ・ミーティングとなりました。 Continue Reading “第1回コアメンバーミーティング”

イベント, 活動レポート

インターナショナル・オープンデータ・デイinさが

2月22日(土)佐賀城本丸歴史館で、インターナショナル・オープンデータ・デイinさがを開催しました。イベントには、大学、自治体、新聞社、民間企業の方々を含め、約40人の市民が参加し、オープンデータとはなにかを学び、街の課題解決のためのオープンデータ活用について話し合いました。 Continue Reading “インターナショナル・オープンデータ・デイinさが”