お知らせ, イベント

データの見える化による地域課題解決第3回ワークショップ開催!

12月10日〜11日、佐賀大学で、データの見える化による地域課題解決第3回ワークショップを開催します。

今回のワークショップは、前回出された4つのアイディアをブラッシュアップし、RESAS APIやE2D3などのツールも活用しながら、サービスのプロトタイプを作成するハッカソンイベントです。 Continue Reading “データの見える化による地域課題解決第3回ワークショップ開催!”

活動レポート

データの見える化による…ワークショップ第2回目

11月25日、佐賀大学で、2回目となる「データの見える化による課題解決ワークショップ」を開催しました。

ワークショップに先立ち、佐賀大学デザイン思考研究所の松前あかね先生から、「デザイン思考×データビジュアライゼーション」というテーマで、続いて佐賀大学地域デザイン学部の杉本達應先生から「データビジュアライゼーションツールの紹介」というタイトルで話題提供をしていただきました。 Continue Reading “データの見える化による…ワークショップ第2回目”

お知らせ

データの見える化ワークショップ第2回目、開催します!

データの見える化による地域課題解決!というと少し硬いですが、データビジュアライゼーションを楽しみながら佐賀を元気にしていこう!というワークショップ2回目、いよいよ今週金曜日(25日)になりました。18:30、以前と同じ会場になります。今回のメニューは、

Continue Reading “データの見える化ワークショップ第2回目、開催します!”

活動レポート

データの見える化による地域課題解決ワークショップ第1回目

10月28日、佐賀大学で、Code for Saga×佐賀大学の初企画、データの見える化による地域課題解決ワークショップの第1回目を開催しました。もともと月1回ほどのペースで開催している井戸端会議の特別編として、11月、12月までの3回シリーズで企画しています。また、アーバンデータチャレンジ2016の一環としての取り組みでもあります。盛りだくさんです。 Continue Reading “データの見える化による地域課題解決ワークショップ第1回目”

お知らせ

「データの見える化による地域課題解決ワークショップ」を開催します

Code for Sagaでは、今年度のアーバンデータチャレンジの取り組みの一環として、佐賀大学との共催で、データの見える化による地域課題解決ワークショップを開催します。 Continue Reading “「データの見える化による地域課題解決ワークショップ」を開催します”

活動レポート

第8回井戸端会議を開催

7月21日、第8回目となる井戸端会議を開催しました。

今回のテーマは、「佐賀市交通安全計画へのパブリックコメントをCode for Sagaとして提出しよう」というもの。佐賀県は交通事故件数が4年連続ワースト1(人口比)ということなので、ここはオープンデータ活用、シビックテックの力で解決策を見いだせるのではないか、ということを議論し、提案をまとめることにしました。 Continue Reading “第8回井戸端会議を開催”

活動レポート

第7回井戸端会議を開催

コードフォーサガでは、5月27日(金)、第7回井戸端会議を開催しました。公式なイベントはインターナショナルオープンデータデイ以来ということもあり、どのくらいの方に参加いただけるか心配しましたが、蓋を開けてみたら15人程が参加、2016年度の活動について、“ゆるく”かつしっかりとディスカッションしました。 Continue Reading “第7回井戸端会議を開催”

活動レポート

International Opendata Day 2016 in 佐賀を開催

3月5日、世界中で一斉に行われたオープンデータのイベント「International Opendata Day 2016」。佐賀会場は、1月にオープンしたばかりの小城市の施設、ゆめぷらっと小城で開催、地元小城市だけでなく、東京や福岡から約50人が参加しました。 Continue Reading “International Opendata Day 2016 in 佐賀を開催”