イベント, 活動レポート

名護屋城アイディアソン2014

9月6日(土)、名護屋城アイディアソン2014を開きました。主催は佐賀県立名護屋城博物館、今年度取り組まれているバーチャル名護屋城事業の一環で、バーチャルリアリティ映像やARアプリを作成する際に必要となる航空測量データをオープンデータ化、その利活用を市民レベルで考える機会として、Code for Sagaとして企画から運営までをお手伝いさせていただきました。 Continue Reading “名護屋城アイディアソン2014”

お知らせ, イベント

肥前名護屋城アイディアソン2014を開催します

今年度、佐賀県立名護屋城博物館では肥前名護屋城周辺の当時の様子をVR・ARを使いバーチャルに再現する取り組み、バーチャル名護屋城事業に取り組まれています。

この事業を進めるにあたり、実測した名護屋城周辺の航空測量データをオープンデータ化する計画があります。このオープンデータの有効活用について、みんなで考えてみよう!というアイディアソンを下記の要領で開きます。併せて既存の博物館が保有する調査研究資料等のデータについても有効活用を模索して行きます。 Continue Reading “肥前名護屋城アイディアソン2014を開催します”

イベント, 活動レポート

5374(ゴミナシ)ワークショップを開催

8月11日、Code for Sagaでは、第一回ワークショップ「ごみカレンダーアプリを作ろう!」を開きました。ワークショップには、県内企業、自治体職員、大学の先生、大学生等、10名が参加、Code for Kanazawaが展開するごみカレンダーサービス「5374.jp」佐賀市版の制作を行いました。 Continue Reading “5374(ゴミナシ)ワークショップを開催”

イベント, 活動レポート

インターナショナル・オープンデータ・デイinさが

2月22日(土)佐賀城本丸歴史館で、インターナショナル・オープンデータ・デイinさがを開催しました。イベントには、大学、自治体、新聞社、民間企業の方々を含め、約40人の市民が参加し、オープンデータとはなにかを学び、街の課題解決のためのオープンデータ活用について話し合いました。 Continue Reading “インターナショナル・オープンデータ・デイinさが”